男性と女性

電話代行のサービスを導入すれば質もあがる

顧客情報を管理する方法

システム

消費者のニーズを分析する

一般消費者を対象にした小売業にとって、最も大事なのは営業努力です。個々の営業マンの働きによって商品の売上げは左右されます。最近では営業マンをサポートするシステムが色々と開発されていますが、その中でも最も効果的なのがCRMシステムです。顧客管理システムのことです。インターネットの普及によって顧客管理の方法も非常に便利になっています。CRMシステムを導入すると、膨大な顧客情報をデータ化して管理することができます。従来なら営業マンが個々に管理していた顧客情報を、CRMシステムによってもっと簡単に管理できるようになります。CRMシステムを導入すると顧客情報のデータ化だけでなく、分析ができるようになります。例えば今の市場には商品があふれています。また少子高齢化によって人口減少に向かっています。一般消費者は同じ商品を選ぶ時にも、ニーズが細かく変化しているのです。CRMシステムがあれば、細かいニーズの変化を分析して営業に役立てることができます。CRMシステムでは顧客情報を一元管理できるようになります。それによって情報の共有化ができ、販売戦略を立てたり修正したりすることが簡単になります。例えば販売企画部門では顧客情報を利用することによって、ダイレクトメールの送付先を選ぶことができます。スーパーに商品を卸す場合にも、顧客情報に見合った商品を陳列することが可能になります。このように顧客の細かいニーズを分析し、それに対応した営業戦略ができることがCRMシステムの最大のメリットです。